販売店スタッフの一日

新聞販売店のスタッフの一日って、多分皆さん理解されていない方が多いかと思いましてページを作ってみました。

毎朝、販売店に新聞の到着する時間というのは、大体決まった時間に設定されています。
新聞の定期購読を考える会サイト管理人の販売店では、通常下図のような勤務体制になっています。

朝刊時間営業時間


朝刊が販売店に到着するのが毎朝2時半前後。それまでに入店します。そして、新聞が到着してから、折込チラシを朝刊に組み入れします。基本的に自分の管理区域の配達スタッフの配達部数を入れます。そして、自分の配達エリアを持っていれば配達へ出て行きます。配達エリアを持っていないスタッフは、配達スタッフの出勤、連絡事項の伝達を行ないます。そして、通常6時までには全ての配達を完了しますので、交代で早いスタッフは5時から、遅番のスタッフも6時半、7時までに業務終了します。

帰って仮眠した後、11時に出勤。お店の朝礼を行ないます。お店や発行本社からの連絡事項の伝達、昨日の活動報告・カード報告、そして、今現在の自分の管理区域のお客様増減状況の報告、今日の活動予定、巡回区域の報告・カード、集金予定を報告して営業活動に出て行きます。

セット地区だと夕刊がありますので、1時半頃から2時半頃に新聞が到着して配達となります。夕方からは明日の折込チラシのセット作業。多い日は、午前中から取り掛かることもあります。

夕刊後は、再び営業活動です。大体この時間からがゴールデンタイム。お客様の在宅率が高くなりますので、面談して継続のお話をするのもこの時間帯がベストです。今は、昼間のお客様の在宅率がとても低いですから、昼間に休息を入れながら事務作業や訪問読者のチェック、ポイントを絞っての昼間読者の訪問を行なっています。

お店に帰ってきてから、契約カードのチェック、集金の整理提出、明日の配達の入れ・止め作業等をして一日の勤務終了となります。

「すごい労働時間」と思われるでしょうが、間の時間で休憩をはさんで活動していますので、パターンに慣れてくればさほど苦でもありません。

労働時間に関しては、お店とスタッフの間で 36協定 ( さぶろく協定 ) を結んで、休日をうまく調整しながら仕事に取り組んでいただいています。

顔を売って、管理区域内のお客様を自分のファンにする。この新聞販売の基本を昼間の営業活動でどう成果に結びつけていくのかが・・・この仕事の醍醐味です。(^^)/

少しは販売店スタッフの仕事の理解をしていただけましたか?エリアの中で支持される販売店になるために日々区域巡回して頑張っています。馴染みの販売店スタッフが訪問してきたら「頑張ってネ」と一声かけてくださいね。
よろしくお願いいたします!!

TOPPAGE  TOP