正しいシェービング法

メンズケアで肌を痛めないシェービングを

シェービングは男性にとって日課のようなものだと思います。
「肌を取り巻く環境」というより「習慣」と言った方がいいかもしれませんね。

この場合、電気シェーバーは当てはまりませんが、ヒゲをカミソリで剃る「ウェットシェービング」だと、毎日刃を顔に当てているので、ダメージがないはずがありませんね。

シェービングした後、ザラついていたり、あるいは白く粉を吹いているようになっていたら、肌表面の角質が痛んでいるという証拠です。


NEWパーフェクトひげセット痛んだ角質というものは、水分量が少なくなりがちで痛みやすいです。
そしてその後のターンオーバー(肌の新陳代謝、生まれ変わりを指す)が間に合わずに、生成不完全状態のままで、再度シェービングで角質が削られる、といった悪循環に陥ってしまいます。

そして、剥がれ落ちた角質が毛穴を詰まらせてしまう場合もありますので、肌を痛めないシェービングを心掛ける必要がありますね。

このジャンルでは、多くの男性用製品が発売非常にされています。
なので、なにか1つくらいは試されたことがあるのではないかと思います。

中でも、男性美容業界で注目のイソフラボンを高濃度含有したフラボステロン(皮膚柔軟剤)原液でさらにひげを徹底集中ケア(写真)ができるNEWパーフェクトひげセットがオススメ。


基本的に、プリシェイブ剤で髭を柔らかくしたり、または刃の滑りを良くした上で、アフターシェービング剤を使って炎症を抑えたり、毛穴の引き締めなどのメンズケアが基本になりますね。

電気カミソリそして肌荒れ自体が、カミソリの刃の滑りを妨害している可能性もありますので、肌ガ弱い人にはブラウンのシェーバーなどもオススメ。

肌エリアに合わせてモード切替が可能に~だから肌にやさしい深剃りも可能な人気商品です。

より高い効果が得るためのメンズケアとして、シェービング剤のみでなく、スキンケアも同時に行う必要があります。


雑誌で話題!WEBで大ブーム!メンズコスメなら【ザス】の公式ホームページは下記のバナーから



Page: 1

TOPPAGE  TOP